入れ歯を選ぶときの注意点

年配の方が歯泣いているのを見ると、きちんと口が動いていない人がいます。これは入れ歯が口に合っていないことが原因だと考えられます。

知り合いのご老人は入れ歯でしたが、歯科医にしっかりと入れ歯をチェックしてもらっていたそうです。そして、同じ入れ歯をずっと使っていると、年齢を重ねるとともに歯ぐきが小さくなって合わなくなるそうです。

合わない入れ歯を使用していると、ガタガタして食べるときに不便ですし、なにより話すのが難しくなるのです。

例えば母音を発音するときは、口の中に三角形を作って発音します。隙間に空気がはいるとうまく話すことができません。ちょうど、食べ物を口の中に入れたまま話しているときのような状態になります。

そして、人と話すのが怖くなり、脳の活性化が損なわれてボケてしまう可能性があるのです。入れ歯をしているなら、なるべく定期的なケアを怠らないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*